幼児教育の重要性

幼児期は人生においても人格や知能を形作る大事な時期です。 幼児教育で身に着けるべきことは、単に知識を詰め込むことではなく、 小学校から始まる教科学習のためにしっかりとした考える土台を形作ることでしょう。 そうした土台があって初めて、思考力を働かせ、単に問題の答えを暗記するだけではない応用の利く学習ができるようになります。 では幼児期にはどのようなことを学んでおく必要があるのでしょうか。 幼児期にぜひとも基礎を据えておきたい事柄の一つに数に対する概念があります。

物事を正しく数えたりできる概念はその後の学習だけでなく、人生においても大変重要な考え方になります。 等分したり数を比較したりするという考え方を幼児期に身に着けておくとよいでしょう。 また、大きさや量を比べたり判断したりすることも大切です。 さらに幼児期にぜひとも学んでおきたい概念に、位置関係をつかむという考え方があります。 自分自身が全体におけるどのような位置に今いるのかを把握する力や、 自分とは異なる場所や方向からの物の見え方を把握する力は思考力を形成する上で不可欠といえるでしょう。

また、身近なものの図形を正確にとらえ、形を比較する能力も大切です。 そして重要なことの一つに言語能力を伸ばすということも挙げられます。 読解力がなければすべての分野の勉強についていけなくなるでしょう。 このように大切な幼児期を有効に活用するためのいくつかの方法をご紹介します。



<外部リンク>
子育て支援のインタビュー記事があり、幼児教育の参考になるかもしれません ⇒⇒⇒ 子育て支援 記事

メインメニュー

Copyright©幼児教育で習わせたいこと All Rights Reserved.