普段の生活の中でうまく工夫しよう

幼児教育と堅く考えてしまうと、何から手を付けていいのかわからなくなることもあるでしょう。 しかし、とりわけ幼児期の教育は親とのコミュニケーションの中ではぐくむことができます。 例えば、服をたたむときなどに、お父さんの服とお母さんの福どちらが大きい?などと質問しながらたたむと、 幼児はどちらの形が大きいといえるのかという点を思考するようになります。 また、その際に交わす会話によって語学力も向上していきます。

可能であればすこし手伝ってもらったり、全部の数を数えたりすることによって、数に対する考え方も習得することができるでしょう。 このように家事を利用しながら幼児教育の場としてしまうなら、忙しい方でも幼児の教育に大いに貢献することができるのです。 同じように一緒に掃除をしたり、買い物をしたり、料理をしたりすることによって、 そしてそのときには必ず子供に何かを考えさせる工夫を払うことによって、負担にならず楽しく、 それでいて大いに効果の期待できる幼児教育を実践することができるのです。

また、どの際にお手伝いも一緒に頼み、頼りにしていることを子供に示すことは、 子供の自尊心を高め一層お手伝いしようという意欲を高めるものともなりますので、まさに一石二鳥といえるでしょう。

メインメニュー

Copyright©幼児教育で習わせたいこと All Rights Reserved.