なぜ幼児教育が大切か

よく「三つ子の魂百まで」ということわざを耳にしますが、それほど幼児期で形作られる性格、 思考パターンというものは重要な影響を及ぼします。 3歳までが重要かどうかは厳密なところはわかりませんが、少なくとも幼児期の教育が非常に重要なことは間違いありません。 このことは科学的にも証明されています。

科学的な理由としては、まったく0の状態から赤ちゃんは学びはじめ、 生まれてから3年間ほどはそれからの人生にもないほどの膨大な情報を処理し、刺激や環境に適応しようと脳が活発に動きます。 その割合は、脳内神経細胞のおよそ80%が3歳くらいまでの間に完成されることからも、非常に大きいものであることがわかります。 一度形成された性格がなかなか変わらないのは、このように幼児期をどのように過ごしたかで大きく左右されることでしょう。

未発達の状態だからこそ、気を抜かずに教育をしておくことが将来的に見ると非常に重要なのです。 教育の基礎は親とのコミュニケーションですので、時間を惜しまずできる限り子供とともに時間を過ごし、一緒に何かを楽しみましょう。 そうした安心感があって初めて、多くの子供はのびのびと生活することができるようになります。

メインメニュー

Copyright©幼児教育で習わせたいこと All Rights Reserved.